若い人が介護する時に。

介護問題

台風のせいで風が強いです。

お疲れではありませんか?

あなたが少し甘いアイスティーでも飲んで、

ホッとできる時間が持てますように。

 

**介護する人が若い時

よく思うのが

若年性のアルツハイマーの方を

介護している人のことです。

若年性ですから

介護される方も まだお若いです。

***本当に辛いと思います

30歳位で認知症の親の介護をされるのは

本当に辛いと思います。

 

自分が子どもだった頃、

親が頼りがいがあった頃・・・

そんな記憶が鮮やかすぎます。

 

もしかしたら、治るんじゃないか?

少しでも進行を遅らせることができるんじゃないか?

試行錯誤しては一喜一憂ならぬ

一喜百憂に 心が傷付いていきます。

 

たまに親らしい言葉を発する時もあって、

その後の認知症の症状が余計に辛い。

***自分の将来が不安

結婚がまだなら、自分の将来も不安になると思います。

認知症とはいえ 親の身体はまだ若くて、

自分はもう、結婚もできないんじゃないか・・

そう思えてくる。

***私は・・・

うちの親は認知症ではありませんでしたが、

母が病気で倒れた時に

父も頭が少し変になってしまいました。

 

私は・・・・・

そんな時に、

自分の妹に、

両親の世話を頼もうとしたことがあります。

 

結婚もしていない妹に・・・・・。

***断ってくれて良かった

その時に妹は号泣して

「私の人生をむちゃくちゃにしないで!!」

と叫びました。

 

あの時に妹があんなに激しく断ってくれて

本当に良かった・・・。

 

妹がはっきりモノの言えない人だったら、

私と両親で、彼女の半生を潰していたかもしれない・・

そう思うとぞっとします。

 

***長い間、恨んでいました

正直に告白すると、

私は20年近く妹を恨んでいたのです。

親のことを全部私に押し付けて、汚い仕事は何もしないで、

泣けばいいと思ってる・・・・と。

 

介護って、兄弟がいるから半分半分受け持とうね・・・

ということにはなかなかならないです。

残念ですけど、いくら兄弟がいても

担当者は一人になってしまうことがほとんどです。

 

結婚していた私が介護を担当して、

本当に良かった

妹の心を潰さなくて良かった。

 

そう思えるようになったのは

私が気学を勉強したお蔭です。

***祈っています

そして 今・・・

 

現在、辛い立場にいる若い方が

介護のせいで

心や将来までめちゃくちゃにならないことを

祈っています。

 

 

 

期間限定ですが30分無料zoom鑑定を行っています。