毒親を捨てる勇気と罪悪感。捨てた後の心構えとは?

親子問題

 

自分の人生を取り戻す為に
やっとの思いで捨てたのに・・
高齢を理由にすり寄ってくる毒親に、
あなたはどう対処しますか?

 

その時の悲しい心構えについて
書いてみました。

 

毒親から逃げたS美さんの場合

人生を取り戻す為に・・親との絶縁

S美さんの着る洋服、進路、就職、結婚。

 

あらゆる機会に
それらを自分の思い通りにしようと
口出ししてきた母親でした。

 

その時に彼女がどんなに傷つき、
何十年も辛い思いをしてきたのか、
毒親はまるで理解していません。

 

「高いお金出して良い塾に行かせてるのに、 
 80点以下なんて馬鹿じゃないの?」

「アンタはロクな母親になれないよ。 
 結婚なんかやめたら?」

「アンタなんか産むんじゃなかった」

 

 

そんな事を平気で言い続ける親と闘い、
S美さんは自分の人生を取り戻す為に
親を捨てました。
とても勇気のある人です。

 

親と一緒に暮らしている間も、
親からやっとの思いで
逃げ出した後も、
ずっと頑張って来ました。

 

親のような子育てをしないように 
どれだけの苦労をしてきた事でしょう。
毒親持ちでなくても子育ては大変なのに・・
S美さんは、本当に頑張って来たのです。

ある日、毒親から電話が・・

親の発する毒から離れ、
S美さんの心は徐々に癒されました。

 

ふとした時に
「今の自分なら あの親と付き合えるかも」
と思う事も有りました。

 

そんな時、
長い間やり取りの無かった親から
連絡が来たのです。

 

その話し方は何年間もの断絶など 
まるで無かったかのような話しぶりでした。
でも、やはり喋り方や声に
老いが滲み出ていました。

 

親の事を考える時、
その老いは気になっていました。
だからついつい
会う約束をしてしまったのです。

年老いた毒親の言い放つ言葉

久しぶりに見た親は年老いていました。
一瞬、親を捨ててしまった事を
「申し訳なかった」
と思いました。

 

でも、親の口から出た言葉は・・

 

「年金が6万しかないんだから 
 生活費を援助するのは子供の義務。」

 

「高齢の親にハシタ金を援助するだけで
 親に嫌味を言うなんて精神的虐待だ。」

 

「30年も前の事をいつまでも
 しつこく蒸し返すなんて性格が悪い。」

 

「育ててもらった恩も忘れて
 ごちゃごちゃ言うな」

 

「昔の事をほじくり返して
 悲劇のヒロインのつもりか?」

 

「親のせいで体調を壊したなんて
 同情を買いたいのか?」・・

 

毒親は年老いても
まるで変わっていなかったのです。
毒親は年老いても弱っても
毒親のままでした。

 

やっと切った親子の縁を
親が年老いて弱ってきた今、
S美さんはまた結んでしまったのです。

 

 

親の死を待つ気持ち

世話をしに実家に帰る度に
何度も繰り返される暴言。
それでもS美さんは母親を
もう1度捨てる事が出来ませんでした。

 

「そうそう何年も 
 生きてはいないだろうから」

 

「ほったらかしにしていて死なれたら
 自分で自分を責めるかも知れないし・・」

 

だから、S美さんは我慢していたのです。

 

親は身体こそ徐々に弱りましたが、
毒舌だけは昔とまるで変わりません。
せっかく元気になっていたS美さんの心が
また悲鳴を上げています。

 

「早く死んで欲しい!」
S美さんは今 そう思っています。

 

もう1度心の傷をえぐられる

子供の頃、あなたの心を傷つけてきた毒親は 
年老いてもやはり
あなたを傷つけ続けます。

 

でも優しいあなたは、やっとの思いで捨てた親に
「それでも親だから」とまた、
手を差し伸べたくなるかも知れません。

 

心のどこかに「親を捨てた」という罪悪感が
シミのようにこびりついているのです。

 

毒親が高齢になって心を入れ替え、
「私が悪かった」と謝ってくれることは無い・・
そんな事はあなたも重々
分かっていらっしゃいますよね。

 

けれど、捨てておけなかった・・
その感情は人間として当然のものです。
親を捨てるのは辛い事です。

 

どちらの辛さが小さいか・・悲しい選択と罪悪感

 

親を捨てるのは辛い。
けれども捨てないと もっと辛い。
どちらの辛さが小さいか・・
という悲しい選択です。

 

自分が健康で家族と共に暮らしている時、
ふと親の事を思い出すと、辛いですね。

 

親の事を放っておく罪悪感に
心に鉛を抱えたような気持ちが
するかも知れません。
その気持ちは自然なものです。

 

けれど・・
親のレスキューに向かうと
今度はあなたが壊れてしまいます。

 

毒親を捨てた後の心構え・・

  1. 辛さを抱きながら
    生きて行く人生も有る、と言う事を
    覚悟しましょう。


  2. 抱く辛さはできるだけ
    小さい方を選びましょう。
    つまり「自分の人生を台無しにしない為に 
    毒親とは決別する」方です。

    毒親と付き合う辛さは、
    あなたの人生自体を
    壊滅させる危険さえ有るのです。

  3. 親が高齢になったからと言っても、
    親と縁を結び直すのは今ではない、
    と知りましょう。

    最低限の事務手続きは子供の義務として
    代行してあげても構いません。

    けれどその後に親との縁を
    復活させない様にしましょう。

    親との縁を復活させるタイミングは・・

    ・親がもっともっと弱って、
     口も利けなくなった頃。

    ・あなたの心が毒親に対する
     対応策で、完全武装できた頃。

    ・あるいは親が死んだ後。

  4. 自分の人生を守る事を
    第一に考えましょう。

    あなたの人生を守ると言う事は
    あなたの家族も守ると言う事です。
    辛いでしょうけど
    それをはっきり心に刻みましょう。

    親との縁を結び直してしまった人も
    家族の為に心を強く持って
    もう1度親から逃げても良いんですよ。

 

親を捨てた罪悪感を軽減する為に

年老いた毒親を捨てた罪悪感で
どうしても自分を責めてしまう人に
心の辛さを気学の力、お出かけ吉方を使って
軽減させる無料メルマガを作りました。

4つのプレゼント付き無料メルマガ【毒親に左右されない!幸せの見つけ方】

 

でも、今現在が辛過ぎる時は、
どうぞ相談して下さいね。
気学を使ったカウンセリングで
対応策が取れますから。

こちらがご相談メニューと
詳しい説明です➡

期間限定ですが30分無料zoom鑑定を
行っています。

 

どうか、せっかく築き上げてきた
あなたの人生と家族を
台無しにしないで下さい。
心から応援しています。

 

**追伸**

親を捨てた後の罪悪感を
軽くして欲しくて
書いた記事はこちらです。

毒親と絶縁した後に持つべき3つの心構え

毒親との絶縁は親への大きなプレゼント・・絶縁後、自分を責めている人へ

 

もしも、腹を決めて徹底的に逃げるなら、
それについての記事がこちらです。

毒親と絶縁する具体的な方法・・ここが危ない!準備、決行、そしてその後の注意点

 

どうしても気になる毒親や親戚のお葬式について・・

絶縁後の毒親や親戚のお葬式・・出たくないけど欠席したら自分を責めてしまいそう

 

期間限定ですが30分無料zoom鑑定を行っています。