子育てのイライラ・・また怒鳴ってしまった!10年後に育児を後悔しない為には?

子育て

子供の為に頑張っているのに、
なぜか自分だけが空回りしている気がする・・
子供が何よりも大事なのに怒鳴りつけてしまう・・

子育てが完了したからこそ分かる、子育て中のあなたに伝えたい事

育児と仕事の両立

仕事をフルにしながら子育てをしている人も
たくさんいらっしゃると思います。

 

S美さんは看護師として
朝から夕方までフルに働いています。
仕事が終わったら大急ぎで帰宅し、
バタバタと晩御飯の用意をします。

 

子供さんが3人いますが
下2人はまだ保育園で送り迎えは近所に住むお姑さんが
全面的に協力して下さいます。

 

S美さんはお姑さんの助け無しには
仕事と子育ての両立は難しいのが分かっているし
嫌な顔1つせずに助けてくれるお姑さんに感謝しています。

 

優しいお姑さん

仕事帰りに子供達をお姑さんの家に迎えに行き
「今日もありがとうございます」
とお礼を言うと
「可愛いし、私も役に立ててうれしいのよ。」
とニコニコしてくれる優しいお姑さんです。

 

「これから夕食を作ったんじゃ大変だから、これを持って帰りなさい。」
お姑さんはそう言っておかずを1品 手渡してくれます。

 

S美さんは感謝いっぱいで
「ありがとうございます。助かります。」
とおかずを受け取り 3人の子供を連れて帰宅します。

 

 

帰宅後は戦場

しかし 家に帰ってからはそれこそ戦場。

お姑さんからおかずを頂いても、それだけではもちろん足りないので
大急ぎで料理を作ります。

 

その間子供達はS美さんの足にまとわりついたり
あれこれ手伝いたがって手を出します。

 

包丁や、熱湯を扱っているので 子供達が体ごと甘えてくるのが本当に危ないのです。

 

そんな時どうしても
「もうっ!!危ない! あっち行ってなさい!」
と怒鳴って追い払います。

 

子供達は叱られて大声で泣いてしまうのです。

 

時間が足りない!イライラする!

本当はゆっくり、優しく接してあげたい・・

 

でも夕食の支度をし 3人の子供に夕ご飯を食べさせて、
お風呂に入れて、髪を乾かし、歯を磨いてあげて・・

 

早く布団に入れなければ明日の朝がまた大騒動になってしまうのに、
もう時間が3時間しか無いのです。

 

頼りのご主人は残業で子供達が寝る頃にしか帰ってきません。

 

そして、S美さんがイライラするのは
叱った後に子供達が
「ばあばのお家に行く~!」と泣く事です。

 

ママのバカ!

1日中家に居て、子供達に合わせて家事の段取りのできるお姑さんは
子供達にも優しく接してくれて子育て上手なのです。

 

「ママのバカ!ママ嫌い!」と泣きながら言い返されると
仕事の疲れもあってS美さんは激高し、子供をますます怒鳴りつけてしまいます。

 

最近1番上の女の子は
「ママよりもばあばの方が好き」
「ばあばはいつも優しいけどママは怒ってばっかり!」
と言います。

 

子供が3人・・

 

将来学費がかかるのが分かっているから
必死で働いてお金を貯めているのに・・

 

私だって、ゆっくり子育てしたい。
優しいママでいたい!

自分の時間なんか10分も無いのに・・・

 

そう思うと余計に悲しくて腹立たしくてますます子供にあたってしまいます。

 

そして・・

子供達の可愛い寝顔を見ながらS美さんはまた怒鳴ってしまった罪悪感で
心が潰れそうになります。

 

頑張り屋さんの育児

S美さんは頑張り屋さんだから 今まで一生懸命
仕事も育児もこなしてきました。

 

お姑さんもS美さんが毎日頑張っているのを知っているからこそ、
協力してくれるのです。

 

長女ちゃんが
「ママキライ!」とはっきり口に出せるのは
S美さんの子育てが健全だからですよ。

 

怒鳴ってしまった罪悪感はよく分かりますし、
怒鳴る事が良い事とは思いませんけど

でも、S美さんは子供達の心をゆがませてはいないのです。

 

そんなに自分を責めなくても良いんですよ。

 

ママの頑張りをちゃんと見ている

看護師さんと言うお仕事も毎日大変だと思います。

 

お姑さんだけでなく まだ小さいお子さん達も
ママが頑張っているのはちゃんと分かっています。

 

子供って 1歳児でも2歳児でも大人が考えているよりも
ずっとたくさんの事が分かっているのです。

将来の為の貯金だけど・・

将来の学費の事を考えると眩暈がするような気持ち、よく分かります。
学費の為に 必死で貯金をしようと頑張っているんですよね。

 

でも、子供達が小さい今 ママがゆっくりするために
もう少しお金を使ってもいいと思いますよ。

 

長い目で見るとその方が節約になります。

 

心の健康に良い事

1週間に1回は出来合いのお惣菜を買ってきて
それで夕ご飯を済ませても良いと思います。

 

「出来合いの物は健康に悪いです!」
そういう言う声が聞こえてきそうです。

 

そうですね。確かにそうかも知れません。
でも 毎日食べる訳じゃありません。

 

出来合いのおかずを買ってくることで出来た時間のゆとりは
ママと子供達の「心の健康にとっても良い」と思います。

 

私は、子供にとって母親が必要不可欠なのは「10才まで」と感じています。
そう考えると残っている育児時間はほんの短い年数です。

 

いくら「ばあば」が好き、と子供が言っても、
小さな子供は本当はママに振り向いて欲しいのです。

 

時間があったら絵本を読んであげたい・・

一緒にお風呂に入ってのんびり遊んであげたい・・

ゆったりお手伝いさせてたっぷり褒めてあげたい・・

 

本当は そう思っているんですよね。

 

ママから子供へのプレゼント

1週間に1度だけ「キッズ・デイ」を作り、家事は後回しにしましょう。

 

買ってきたおかずを可愛い紙皿に乗せて
カラフルな使い捨てフォークで子供と一緒に食べて
食べ終わったらゴミ箱にぽいぽい捨てて・・

 

冬なら暖房をガンガン焚いておいて
子供が裸んぼでお風呂を飛び出しても風邪をひかないようにしておいて、
一緒にお風呂に入りましょう。

 

1週間に1度だけで良いのです。

 

そんな日を作れば 子供の記憶には朗らかに笑っているママがしっかり残っていきます。
自分達を見て幸せそうに笑っているママの記憶を子供達にプレゼントしてあげて下さい。

 

 

いつも、とってもよく頑張っているママに敬意を表し、
田舎の片隅からエールを送ります!!

 

子育てで疲れ過ぎてどうしてもイライラしてしまう時はぜひご相談下さい。
あなたの心が元気になるアドバイスができます。

 

子育てが辛いと感じている人は
 
 
期間限定ですが30分無料zoom鑑定を行っています。