住むところが無い!介護認定4の母と認定なしの父

介護問題

こんにちは!

毎日、お疲れ様です。

夏バテは大丈夫ですか?

夜はエアコンつけて、ぐっすり眠りましょうね。

 

50代女性、Yさんのお話です。

***お父さんの様子がおかしくなりました

始まりはお母さんの病気でした。

でも、お母さんがまだ 自分でそろりそろりと歩ける頃は

なんとか老夫婦2人で生活していました。

 

しかし、お母さんが寝たきりになり入院してから、

お父さんの様子がおかしくなりました。

 

精神的に不安定になってしまい、

毎日、朝の5時ごろ電話をかけてきます。

 

Yさん宅だけではありません。

Yさんの実家のご近所にも

夜明け前に電話をかけるようになりました。

***「なんとかしてあげて」

それでご近所の方からYさんに

「なんとかしてあげて」と連絡が入り、

もう、老夫婦2人で暮らすのは不可能だと

判断しました。

 

ご主人が長男ということもあって

ご両親をYさん宅に引き取ることは

許してもらえませんでした。

 

そのためYさんは

自分が通える所にご両親2人で住む場所を探しました。

***引っ越し先が見つからない

その時、お母さんは要介護4。

お父さんは要支援さえも付かず、健常ということでした。

 

お父さんは、能力は健常でしたが

お母さんがそばにいないと不安感が強く、

一人ではいられないのです。

 

Yさんは老夫婦が二人一緒に入れる施設を探しました。

 

市役所に老人用施設の一覧表をもらって

探し回りました。

 

要介護の老人と健常の老人が一緒に住めるマンションは

入居費用だけで何千万もかかるうえに、

毎月の利用料金も高額で、支払える金額ではありません。

 

介護度4のお母さんの入所できるところはあっても

健常なお父さんと一緒に入れる所は

なかったのです。

***SOSの電話

引っ越し先が見つからない間、

お父さんからの早朝の電話と、

ご近所からの

「お父さん、やっぱりおかしいよ。早くなんとかしてあげて」

の電話が 交互にかかってきていました。

***自分がひとりぼっちのような気がした

Yさんはご両親の住むところを半年以上探し回りました。

その頃、Yさんのお嬢ちゃんはまだ2歳でした。

 

休日はご主人に預けて

何時間もかけて物件を探しました。

家に帰ると子供の相手で機嫌の悪くなったご主人が

「飯は?」と聞きます。

 

探しても探しても、入居できる物件はなくて、

途方にくれたYさんは

涙で車の運転ができない時もありました。

 

「なんだか世界で、自分がひとりぼっちのような気がした」

と 現在のYさんは笑います。

 

そんな時は

路肩に車を止めてひとしきり泣いてから、

涙を拭いて また運転したそうです。

 

長年寄り添って暮らしてきた老夫婦が

ずっと一緒に暮らしていけるように

してあげたかったからです。

 

 

期間限定ですが30分無料zoom鑑定を行っています。