それは本当の我慢ではない。

介護問題

我慢強い人

私は 自分のことをずっと我慢強い人だと

思っていました。

 

父の我儘や発言を

「もう老い先短いのだから我慢してあげよう」

と、思っていました。

 

母のものを捨てる

母が亡くなった後、

何か月かしていろいろと落ち着いたので

私は母の着ていたパジャマだとか

下着とかを どんどん捨てました。

 

もう、使い道は無いし、

それでなくても モノを捨てられない父の持ち物で

部屋中が溢れ返っていたからです。

 

本当のことを言うと私も母のものを捨てるのは

辛かったです。

まだ、匂いがついていて、母の生きていた証拠なんですから。

 

しかし、できるだけ自分の感情を動かさないようにして・・

 

もう着る人の居なくなった下着、

汚れを落とす為に私が何度も手洗いしたパジャマ、

もしも外出でもするようなことがあったら・・と

希望を込めて持っていた服。

 

そんなものをどんどん捨てました。

 

捨てるのは心が冷たいから

カレンダーの裏紙からきれっぱしの紐

オムツの入っていたビニール袋まで、

とにかくモノを捨てずに溜め込むタイプの父は怒りました。

 

「お前はモノを大事にしない上に

情緒が欠落している」と。

 

そして妹も怒りました。

「お母さんのものを平気で捨てられるのは

心が冷たいからよ」と。

 

そう言われて、やはり悲しかったです。

 

私はその時に何も言い返さず、我慢してあげようと思いました。

私には夫も子供もいる、私を必要とする人がいる。

父と妹の寂しさはきっと私よりも強いんだろうと。

 

言い返せない人

でも、本当は違ったのです・・・・。

 

今だから分かるのですが、

その時、自分が「我慢している」と思っていただけで

本当は「言い返せなかった」のです。

 

私は「我慢強い人」ではなく

「言い返せない人」だった。

 

「じゃあ、このモノの溢れる部屋に

お母さんのいろんなものを置いたままで

お父さんの車椅子はどうやって動かすの?

 

捨てるのが駄目なのなら

あなたが持ちかえってくれるの?

 

私が、平気でお母さんのものを

捨てていると思っているの?」

と言い返せばよかったのです。

 

私が言い返さなかったから

父は私の辛い気持ちも自分の現状も分からず 言いたい放題ですし、

妹には現実に私と父が困っている問題が

分からなかったと思います。

 

自分についた嘘

私のあの「我慢」は本当の我慢では

ありませんでした。

自分のできないことを美化させるための

言い訳でした。

 

自分で自分についた嘘です。

 

自分の嘘に自分で気付けなかったことが

介護生活をさらに苦しくさせていたと思います。

 

泣きながらでも、頑張って言い返して、

父の現実を 本人にも妹にも

分かってもらえば良かったのです。

 

期間限定ですが30分無料zoom鑑定を行っています。