娘に依存する母・・あなたは大丈夫ですか?

親子問題

愛する自慢の娘(ある母親の思い)

赤ちゃんの頃

小さな娘・・

 

抱きかかえて、キメの細かな頬を

優しくガーゼで拭いてやり、

痛くないように

目ヤニをとって、

 

小さな鼻の穴を

そっとそっと拭いてやり・・

 

寝かしつける時は抱きかかえて

どんなに自分の腕が痺れても

体勢を変えずに、

娘の健やかな眠りを喜び・・

 

かけがえの無いもの、

自分の命よりも大事なもの、

そう思って育てて来ました。

幼稚園の頃

お喋りをし始め、

幼稚園に行くようになりました。

 

大事な可愛い娘は

「ママ!ママ!」と体いっぱいに

私に愛情をぶつけてきます。

 

「ママがしゅき!大しゅき!!」

「ママもあなたが大好き!」

そうやってハグしあって、

母親としての喜びに胸が震えました。

 

この子が幸せになる為なら

何でもする・・

 

良い母親になろう、

この子をしっかり育てよう

そう決心しました。

この子さえ幸せなら

子育ては時間と体力、気力を

使います。

私は全精力を娘に注ぎました。

 

もちろん主人の事も

無いがしろにした訳では

ありません。

 

けれど、主人は大人で、

娘は まだまだ本当にか弱くて

自分1人では何も出来ない

小さな子供なのです。

 

それに娘は主人と私の

大事な大事な宝物です。

娘を立派に育てる事は

主人を大切にするのと一緒の事です。

 

けれどその頃から

主人は不機嫌になっていき

仕事仕事と言って

家ではほとんど話もしなくなりました。

 

私も寂しい気持ちはしましたが、

でも私には娘が居ます。

可愛らしく、賢く、

自慢の娘です。

 

素晴らしい女性にする為に

私達大人の事は後回しに

しなければならない時も

有るのです。

この子の幸せが私の幸せ

どんな立派な男性とお付き合いし、

どんな素晴らしいお家にお嫁入しようと

恥ずかしくないように

習い事をさせました。

 

ピアノ、習字、英会話・・

将来、海外へ行って日本の文化を

知らないのは恥ずかしいので

茶道も・・・

 

お月謝も、送り迎えも

本当に大変でした。

 

私はパートのお金と時間を

血の滲むような努力でヤリクリして 

申し分のない女性に

育てる事が出来ました。

娘の結婚、そして出産

娘は素晴らしい男性と

結婚し、

私は27年間の苦労が報われた・・

と思いました。

 

私は幸せです。

しかも娘は妊娠したというのです!

私もこれから忙しくなります。

 

娘は何と言っても

子育ての経験は有りませんから。

 

私が娘を素晴らしい女性に

育て上げた様に

娘の赤ちゃんも素晴らしい人間に

育てたいと思います。

過干渉な母親・・私はもう我慢の限界!(娘の思い)

子供の頃

私の母親は口うるさい人でした。

私は やりたくもない習い事を

ずっと押し付けられて来ました。

 

「そんなにピアノやお茶が好きなら

 ママが習えば良いじゃないの」

と1度言った事があります。

 

すると母はものすごく悲しそうな、

そして恨めしそうな、

涙を溜めた目で

私を睨んだのです。

 

その顔を見るのが怖くて

その後、私は母に

習い事を止めたいとは

言い出せませんでした。

父親の事

父は不機嫌な人でした。

私は父と話した記憶が

あまり有りません。

 

家にもあまり

帰って来なかった気がします。

我が家は何でも母が決定し

父や私は母が決めた事に

抗えませんでした。

 

父が外に恋人を作っていた事を

私は知っていました。

母も知っていたんじゃないかと

思います。

好きだった人

私が大学生の時

インカレサークルで出逢った男性と

始めてお付き合いしました。

 

彼は部長で、

仲間からの信頼も厚く、

頼りになる、

尊敬できる人でした。

 

けれど母は彼の大学名を聞いて

鼻で笑い、

「何だか、釣り合わないわね」

と言い捨てました。

 

私は母の言葉で心がペシャンコになり

だんだんと

彼ともギクシャクしてきて

結局別れてしまいました。

 

別の人と結婚した今

あの彼の本当の素晴らしさが

身に染みて分かります。

 

裏表の無い、誠実な人でした。

もう、会えませんけど。

もうダメかも・・・

私は主人の子供を

妊娠してしまいました。

 

結婚後 気づいた主人の本性に、

どうしよう、どうしようと思ううち、

自分の意見も言えず

妊娠してしまったのです。

 

結婚相手は

親に何と言われようと

自分で決めるべきでした。

 

私は人生のいろんな事に

後悔がいっぱいです。

 

母は私の妊娠を喜び

自分が育てると言わんばかりに

張り切っています。

 

私はもう、私のような人間を

作りたくないのです。

 

私が母に意見を言うと

また昔のように

恨めしそうな泣き顔で

私を睨むでしょう。

 

けれどももう、

母の事も、主人の事も

我慢の限界です。

 

私はお腹の子供を守る為に

母と戦わなければ

いけないのでしょうね。

 

怖いけれど、

私も母親になるのだから、

シッカリしなければ・・

とてもとても、怖いですけど。

母親と娘の深い溝

母親と娘の間の

このような話は珍しいものでは

有りません。

 

最初は母親の

娘に対する愛情から始まります。

 

冷静に他人の話として読めば

どこでこの母親が間違ったか

分かると思います。

 

けれど、私も子供を育てて来た

1人の親として

この母親を笑う事は出来ません。

 

周りも見えない位

必死にならなければ

子育て出来ない、

大変な時も有るものです。

 

この娘さんは早晩

母親に反旗を翻す事でしょう。

それは正しい事です。

 

娘さんには

頑張って欲しいと思います。

 

母親はその反旗に

衝撃を受けるでしょう。

 

けれど、それをキッカケに

自分が自分自身を

ちゃんと愛していなかった事に

気付いて欲しいです。

 

このお母さんは本当に、

頑張って来たんだと思います。

 

母と娘の溝を

「アナタのせいだ」と言うのは

可哀想だとは思います。

 

けれど・・

彼女は間違ってしまいました。

この話でドキリとしたお母さんは大丈夫

この話を呼んでドキリとし、

「私は大丈夫かしら?」

と 自分を省みたお母さんは

大丈夫です。

 

今、娘さんとの関係が

ギクシャクしているのなら

早めにご相談下さい。

 

あなたの親としての心も

分かったうえで

今後、さらに良い母娘関係を構築できるように

アドバイス出来ます。

 

もしも、

過干渉で娘を痛めつけているのに

「私には関係の無い話」と

思うお母さんが居らっしゃれば・・

 

娘さんの反旗が翻った時に

自分を見つめて欲しいと思います。

娘さんからの

最大のプレゼントです。

1番恐ろしいのは

1番恐ろしいのは、

折角 反旗を翻し

アナタに気付きのチャンスをくれた娘さんに

対抗しようとする事です。

 

今まで通り

娘さんを力づくであれ

泣き顔であれ、

抑え込もうとするなら・・

 

あなたの人生と

娘さんの人生の両方を

潰してしまう事になりかねません。

 

どうか、自分のして来た事と、

また、何故そうしてしまったかに気付いて、

本当の意味で幸せな人生を

歩んで欲しいと思います。

 

方向を間違ってしまったとは言え、

必死で愛して、一生懸命頑張って、

子育てしてきた

アナタなのですから。

 

1人では解決方法が

分からない時は

ぜひご相談下さい。

→こちらから

鑑定メニューから

「zoom鑑定」をお選び下さい。

 

もしもあなたが

毒母との関係に悩んでいるなら

関係を改善する為の無料メルマガ

【毒母7ステップ解決メソッド】

お試しください。

気学の力を使い

最短であなたの生きづらさを

改善できるように構成しました。

詳細はこちらをご覧ください

毒母7ステップ解決メソッド 

親子関係
特に母と娘の関係で
生きづらさを感じていらっしゃる方は、
「解決へのボタン」も覗いてみてください。

 

「毒母が辛い~親子関係を
 気学と心理学で改善する~」

 

コーヒーブレイクのお供にオススメ
無料メルマガ【気学で右肩上がりの暮らし♡】

ケータイのメアドでは届かない事があります。
gmailでの登録をお勧めいたします。