毒親育ち 妊娠中の30代女性の不安

親子問題

いかがお過ごしですか?

母親を庇う心優しい娘さんについて

書いてみます。

怒ると子供を何度もたたく母親

 

子供の頃からお父さんはなぜか

家に帰ってきませんでした。

 

たまに家に帰って来ても

ゴロゴロ寝ているだけで

A子さんはお父さんと

ロクに話した事もありません。

 

A子さんのお母さんは

怒り始めると

A子さんに手を上げました。

 

小学2年生の時

母親に何度も叩かれながら

「ごめんなさい、ごめんなさい」と

土下座し、泣いていた記憶が

今でも蘇り、息が詰まりそうになります。

 

そうして散々A子さんを叩いた後

気が収まった母親は

「A子の事が大好きだから

 叩いたの。」

 

「お母さんを悲しませないで。」

と言ってA子さんを

抱きしめてくれました。

 

その暖かさと優しい匂い。

 

A子さんは

「私はお母さんを

 悲しませてしまったんだ」

 

「絶対に良い子になろう」

と思いました。

 

抱きしめてくれるお母さんを

「ほんとは優しいんだなあ」と

思っていたのです。

 

 

優しいお母さんが怒るのは自分が悪い子だから

A 子さんの母親は

外面の良い人でした。

 

近所のおばさん達からも

「お母さん、

 優しくて良いわね。」と

いつも言われていました。

 

幼いA子さんは

「優しいお母さんが

 怒ってしまうのは

 自分が悪い子だから」

とずっと思っていたのです。

 

30歳を超えた今も、

「あの頃の母は

 父との関係が上手く行ってなくて

 そんな状態でも私を

 育ててくれたんです。」

 

「母も辛かったんだと思います。」

と、なんとかお母さんの行動を

理解しようとしているのです。

 

 

なぜ母親になるのが怖いのか

それなら何故、

A子さんは

自分が母親になるのが

怖いのでしょう?

 

妊娠を自分の母親に

言いたくないのは

何故なのでしょう?

 

A子さんは

自分の子供の頃の真実に

向き合う勇気が

必要です。

 

自分の心に嘘をついて、

必死でお母さんを庇うのを

もう止めなければ

いけない時期です。

 

A子さんの母親は

辛かったのかも知れないけど

自分の辛さは

自分で背負うべきものです。

 

どんな理由があれ

自分の辛さを、

親に庇われ愛されるべき幼い子供で

解消してはいけないと思います。

 

あなたは悪くない。

母親がA子さんを

半狂乱で怒ったのは

A子さんが悪い子だったからでは

ありません。

 

それはA子さんだって

分かっていらっしゃるはず。

もう我慢しなくても

良いと思います。

 

自分の心を良く見つめて

健全な子育てを

して頂きたいです。

 

母親に何と言われようと

A子さんが赤ちゃんを産むのは

素晴らしい事です。

 

本当ならもっともっと

家族みんなで遠慮なく喜べる事なのです。

 

生まれて来る

赤ちゃんの為に一歩前進

して欲しいです。

 

 

無料鑑定【モニター】を募集中です。

あなたの心を
 
毒母の呪縛から
 
解き放つ方法が
 
有ります。
 
 
まず無料鑑定【モニター】で
 
お試しください。
 
期間限定ですが30分無料zoom鑑定を行っています。