特別な  素敵な人

その他

いかがお過ごしですか?

今日も爽やかな日ですね。

 

今日は介護のお話ではありません。

後期高齢者ではあるけれど

ご夫婦2人で元気に暮らしていらっしゃるTさんのお話です。

 

**一つだけひっかかる

Tさんはとてもお洒落で

美容室にも2~3週間に一度は通われ、

「今日は5ミリ切ってね」というオーダーをされる方。

 

とても素敵な方です。

 

 

私が一つだけ引っかかるのは

Tさんの「身体が弱い」

という主張です。

 

自分の身体のここが駄目、あそこが駄目、

と、度々仰います。

 

**口に出す人と出さない人

私は高齢者と付き合うことが多いので

多かれ少なかれ、ほとんどの方が痛みや不都合を

身体にかかえていらっしゃることを知っています。

それを口に出す人と出さない人に別れるだけです。

 

 

35年前にしたヘルニアの手術。

25年前の子宮全摘出。

気管支が弱いから真夏でも襟ぐりの開いた服は着ない。

手足の冷え方が普通の人とは違う。

 

お付き合いを始めて20年弱経ちますが

会うと必ず自分の身体が弱いことを嘆かれます。

 

妹さんがいらっしゃって そちらは腰も丈夫でスポーツ好きとのこと。

 

**お母さんを恨む

家に一人でいると 自分が病弱なのが悲しくて

「おかあさーん、恨むわよー。

どうして私だけをこんなに弱い身体に産んだのー?」

と 泣いてしまうことがある・・と仰います。

 

75才をたっぷり過ぎた娘に 身体の弱いことを恨まれるお母さんって

天国でどんな気持ちかな?とちょっと意地悪に考えます。

 

私は自分の母が60代前半で

トイレの後パンツを自力で上げられなくなったのを見ているので、

Tさんの「身体が弱い」という発言に対して

ついつい厳しい考えが浮かんでしまうのです。

 

**間違いなく丈夫

後期高齢者で あんなに軽やかに歩き、

髪型を気にし、

夫婦二人で生活できていることは

素晴らしく健康で、間違いなく身体は丈夫だと思います。

 

ヘルニアの手術は終わったこと。

重いものを持つのはご主人が全てしてくださるから、そのことは嘆かなくていいのでは?

 

子宮癌の手術は 術後長い間怖かったことでしょう。

でも、もう25年前のこと。子宮癌のことはもう、忘れてもいいのでは?

 

気管支が弱くても 全然症状が出てないなら今のケアが正解ということ。

ただ、その習慣を続ければ良いのでは?

 

**特別な自分

私が気になるのは病弱を嘆く時のTさんに

「自分は普通の人と違うの。

こんなに身体が弱いから特別なの」

という気持ちが見えてしまう所です。

 

「病弱」を自分の特別さの条件にするのは もったいないです。

そして今の身体の状態がいかに幸せであるか、

気づいて欲しいです。

 

病弱でなくてもTさんは特別な 素敵な人です。

 

 

 

期間限定ですが30分無料zoom鑑定を行っています。