自分の感情を受け入れ易くする方法

ステップ②感情を受け入れる

勇気を出して、

傷をしっかり

見つめた後は・・

 

あなたの心に

湧き上がった感情を

認めていきます。

 

その感情を抑え付けようと

我慢しなくても良いし、

大人として

振舞わなくても良いです。

 

「誰に言われたどんな言葉で

 自分は悲しかったのか」

「誰のどんな行動が

 辛かったのか」

 

それを見つめ

その時の自分の気持ちを

認めて行きます。

 

 

長い間

良い子、良い人であった人程

負の感情が自分に湧いて来る事に

抵抗を感じるはずです。

 

「それでも親は

 自分を育ててくれたんだから」

 

「きっとその頃

 親も辛かった時期だから」

 

「子供を愛さない親なんか

 居ないはずだから」

 

あなたは今まで、

必死で親を

庇おうとしてきたかも

知れません。

 

でもセッション中は

そんな事は考える必要は

ありません。

 

素直に自分の感情を

自分の物として

認めていきます。

 

 

ゆっくりで構いません。

 

お話を聞いた後、

今の貴方にピッタリの

気学の知恵をお伝えします。

それは具体的な行動です。

 

その行動は・・

 

ちょっと聞いただけでは

心の傷を認める事とは

まるで関係無いように

聞こえるかも知れません。

 

しかし、

心を見つめると同時に

その行動を実行して行くと

自分の感情を受け入れ易くなります。

 

是非、

私と気学を信じて、

行動を始めて頂きたいと

思います。

 

ステップ③はこちら→ステップ③許さなくていい

 

 

期間限定ですが30分無料zoom鑑定を行っています。