少しラクになれた理由

気学について

いかがお過ごしですか?

涼しくなりましたね。

今日のあなたもきっと頑張っていらっしゃると思います。

秋の風が爽やかに、あなたに吹きますように。

 

**まず最初は母

私は、衰えていく両親を見るのが

とても辛かったです。

 

まず最初は

病気を受け入れ、そして諦め

静かに衰えていった母を看取りました。

 

母の介護に対する辛さは 悲しみでした。

衰えていく母と、思い出の中の母を比べる度、

いろんなことが虚しくなってしまい、

悲しくなりすぎないように 心を無にしてお世話していました。

 

**ほぼ同時進行で父

母よりも父の方が大変でした。

いや、まだ過去形ではないですけど。

生きてますから!(笑)

 

父は自分のプライドにしがみつくあまり

私に対して毒を吐きつづけました。

私をけなしたり叱ったりすることで 自分を保ちたかったのかもしれませんね。

私は毒舌に傷付き「もう死んでくれないかな」と思ったこともあります。

 

**毒舌の相手は私だけ

その毒舌は、面白いことに 私に対してだけなのです。

他の人の前では とても立派なことを言います。

もう少し頭がはっきりしていた時は哲学だとか、宗教だとか、

高尚そうなことを言うのが父の癖でした。

 

ですから妹でさえも 父のそんな側面をよく知らないと思います。

途中から、父の頭の中では

私と2人で妹を育てていることになってもいますから。

(妹、現在53才!ふふふふ!)

 

**私の役に立ちました

私が父と接しても以前ほど傷付かなくなったのは

九星気学の勉強をしてからです。

 

もともと気学の勉強をしたいと思ったのは、

私が25年以上主宰している 小さな小さなステンドグラスの教室で

生徒さんの悩みをがっつり聞いてきたからです。

 

そして、悩む人はほぼ同じ悩みを

20年くらいは軽く持ち続けていることがわかりました。

 

もう、そろそろ悩むだけじゃなくて、解決しようよ!と、思い立ったのです。

 

その気学が意外にも自分の為に役立ちました。

 

父の星は九紫火星(もっと細かく見るのですけど)。

ずっと威張れてきた、ずっとイイカッコをしてきた父は

年老いてしまい、母を失い、戸惑いと寂しさに溺れそうになっていたのです。

 

それに気づいた時  私の気持ちが少しラクになりました。

そして、徐々に父の態度も変わってきました。

 

父のあの態度は私が招きよせていたのかもしれないです。

 

気学と共に心構えを教えてくださった先生には

とても感謝しています。

 

**できれば・・

私があと何年、元気で頭と身体が動くか分からないですけど

教えて頂いたことを最大限に生かして生きていきたいな、

と思います。

 

そして、気学というこのバランスの取れた学問を実践する事。

それを伝えていけたら嬉しいな、

介護という難問に立ち向かっている人と、一緒に頑張って行けたらいいな、

と思っています。

 

 

 

 

期間限定ですが30分無料zoom鑑定を行っています。